出会い系のリアルな体験談・ヤリまくってる方法を紹介

とにかくヤレてる出会い系体験談

PCMAX

モテない男性は出会い系で女性に慣れろ!リアルな世界でもモテまくりる!

更新日:

こんにちは。
ひろしです。

モテないからって出会いを諦めていませんか?
童貞卒業を諦めていませんか?

モテない、と一言で片付けるのは間違っています。
モテる場所にいないだけなんです。

どんな男性でも主人公になれる場所。
それが出会い系です。

今回はモテなかった僕が、出会い系で女性とセックスし自信を持てた体験談です。

出会い系ではなれない自分になれる

女性に慣れていないと、女性を目の前にした時に言葉が出なかったりおどおどしてしまって、ますます女性に対して苦手意識ができてしまいますよね。

昔の僕もまさにそれで、仲のいい男友達と一緒にいるときはめちゃくちゃ喋るのに、そこに女友達が一人入るだけで、借りてきた子猫のように大人しくなってしまう青春時代でした。

もちろん完全無欠の童貞です。
エロ動画を貪りまくってオナニーして、自分にはこんな体験ムリだ…と悲しくなる毎日でした。

そんなダメダメ童貞オナニーマシーンだった僕を救ってくれたのが、出会い系サイトでした。

PCMAXは女性が積極的だった

ある日雑誌か何かでPCMAXを見つけ、登録してみました。どうして数ある出会い系サイトの中でPCMAXだったのかというと、サイトからエロさがぷんぷん漂っていたからです。
だからこそ変な業者みたいなのもいるかなとは思ったんですが、登録料は無料だったし、変なメールがくれば無視すればいいかなっていうくらい軽い気持ちでした。

好みの女性をプロフィール検索で見つけて、とにかくメールを送ってみました。
メールはそれこそ長い時間をかけて、あーでもないこーでもないと考えて作った力作でした。
めっちゃくちゃ長くなってました笑

その熱意が伝わったのか、ちょこちょこと返事が届きました。
それまでの人生で女の子とメールのやり取りなんてしたことなかったから、これまた時間がかかりながらも一生懸命返事をしていきました。

その流れを何度も繰り返している時に気付いたんです。
なんか女の子とのやりとりに慣れてきたぞ、と。
めちゃくちゃ調子乗りでした笑

でも本当にやり取りもスムーズにできるようになってきたし、女の子側からご飯に行きたいね、なんて誘われることが増えてきました。
それはそれは嬉しかったです。

ただ、もちろんデートもしたことないので、なかなか会う話を広げることはしませんでした。
出会い系にいる男性は基本的にすぐに会おうとしますし、身体の関係を望みます。
そんな中で会う話もしなければ、エッチな話も一切しない僕に、さまざまな女性は興味を持つみたいでした。

童貞を打ち明けたら…

ある日、仲良くやり取りしている何人かの女の子の中の一人に、実は女性とあまり喋れないこと、彼女がいたことがないこと、つまり童貞ってことまで全て告白しました。

もう嫌われる、引かれる、二度と返事がこないと覚悟した上での告白でした。
その告白をしっかりと聞いてくれて、受け止めてくれたのが、保育士のゆかりさんでした。
ゆかりさんはちょうど30歳になったばかりで、PCMAXを友達や彼氏探しで利用していました。

そんなゆかりさんは童貞と告白した僕に、それまでと変わらずに接してくれました。
ゆかりさんが保育士さんというのも、また良かったのかもしれません。
まだまだ大人になりきれていない子供を、お世話したくなるんでしょう笑

誘われるがまま童貞卒業

「まず会ってみない?」とゆかりさんが誘ってくれたので、思い切って会いに行きました。
人生で初めての女性とのデート。
マジでめちゃくちゃ緊張しました。

でもそこは上手にゆかりさんがリードしてくれて、緊張しながらも楽しく飲むことができました。
実際に会うゆかりさんは大人っぽくて色気があって、こういう人とセックスしてみたいと股間が熱くなっていました。

そんな思いが出すぎてたんでしょう…
突然ゆかりさんが「今わたしのことエッチな目で見てたでしょう?」と言ってきたんです。
ドキッとしましたが、女性経験がないためにうまく隠すことができませんでした。

「ゆかりさんが綺麗だから…」というと、「わたしとエッチしたい?」って聞いてきました。
僕は正直に言いました。
「ゆかりさんとセックスしたいです!」
ハハっとゆかりさんは笑って、「それじゃお店出よう」と言って、居酒屋を出ました。

ゆかりさんに連れて行かれるがまま、そのままホテルに入りました。
初めてのホテルでどうしていいかわからず立ちすくんでる僕を見て、ゆかりさんはお風呂に誘ってくれました。

初めて見る女性の裸。
もうその時点で前回で勃起していたのは言うまでもありませんよね。
恥ずかしくてずっと隠してましたが、ゆかりさんにはバレてました。
「すっごい元気だね」と笑うゆかりさんがめちゃくちゃ可愛くて、もう我慢ができなくなりました。

ここで一気に襲いかかって!と言いたいところですが、童貞はマジで何もできません。
勃起が治らないまま、ゆかりさんに促されてベッドに入りました。
そこからももちろん何もできずに、ちんこと一緒にカチンコチンに固まっていました。

するとゆかりさんが手をぎゅっと握ってきてくれました。
そして胸に手を置いてきました。
「すっごいドキドキしてるね」
女性に身体を触られるのももちろん初めてですから、ドキドキは速くなるし勃起具合も増していきました。

どうしたら良いかわからないまま固まっていると、ゆかりさんの方からキスをしてくれました。
その時のゆかりさんの唇の感触は今でも覚えています。

そこからはゆかりさんのリードで、ゆかりさんの身体を存分に味わいました。
腐るほど見たエロ動画の世界をまさに今自分が体験しているかと思うと、興奮が収まりませでした。

フェラされた時なんて大変です。
だって人間の口ってちんこくわえるためにあるんじゃないんですから笑
オナニーの何倍も気持ちのいいフェラに、恥ずかしながら30秒ほどでイってしまいました。

今まで溜まりに溜まっていた分が射精されたわけですから、めちゃくちゃ濃かったと思います。
が、それをゆかりさんはゴクリと飲み込んでくれました。
AVの世界ってリアルな世界でもあるんだ、と驚きました。

挿入はそれこそ夢じゃないかと思うほど、幸せな瞬間になりました。
こんなにつたないチンコでセックスしてるのに、喘ぎ声を出すゆかりさん。
興奮しないわけありません。
全力でピストンしました。

もちろんすぐにイキました。
でもイクとゆかりさんがフェラしてくれてすぐに復活。
それを何度も繰り返し、結局その日は5回ほど射精しました。

本当に最高の時間でした。

そのあともゆかりさんは色々と面倒を見てくれて、いろんなところでデートしてくれましたし、セックスもたくさんしました。
僕が大人になれたのは、間違いなくゆかりさんがいてくれたからです。

そんなゆかりさんですが、ある日突然「結婚することになったから、もう会えない」とLINEが来て、それ以来プツリと音信不通になりました。

出会い系なら口説ける自分がいた

しばらく引きずりましたがいつまでもくよくよしてられないと思って、またPCMAXの利用を始めました。
まだまだナンパや合コンなんてできませんし、何より一度出会えたPCMAXならまた出会えると思ったからです。

そこで自分の変化に驚きました。
もう何も恥ずかしくないし、臆することもなかったんです。
女性と自信を持ってやり取りできてる僕がいたんです。

女性と出会ってデートして、セックスした。
童貞を卒業した。

それだけで男は変わるんだと実感しました。

今ではPCMAXを利用して一ヶ月に2人くらいの女性と会って、デートしたりセックスする生活を送れています。
これも出会い系、PCMAXがあったからです。

リアルな世界で出会えない、女性と話せないと悩んでいるのであれば、ぜひPCMAXを一度利用してください。

自分に自信が持てますし、新しい世界が広がりますから。

→PCMAX(18禁)で童貞を捨ててみる

-PCMAX

Copyright© とにかくヤレてる出会い系体験談 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.