出会い系のリアルな体験談・ヤリまくってる方法を紹介

とにかくヤレてる出会い系体験談

出会い系一般

出会い系のサクラって本当にいるかどうか教えます

投稿日:

こんにちは。
ひろしです。

ぼくは出会い系で女性とセックスしまくってるので、彼女ができない、セックスしたいと嘆く友達がいたら出会い系を勧めます。

その時に絶対に帰ってくる答えが、
「サクラいるんでしょ?」
です。

やっぱり世間一般的に、「出会い系=サクラがいて会えない」という認識がまだまだ根強いようです。

そこで今回の記事では出会い系にサクラがいるのか、徹底的に検証したいと思います。

サクラの定義

サクラサクラと簡単に言いますが、サクラっていったい何なんでしょうか。

まずウィキペディア先生に聞いてみます。

本来は、江戸時代に芝居小屋で歌舞伎を無料で見させてもらうかわりに、芝居の見せ場で役者に掛声を掛けたりしてその場を盛り上げること、またはそれを行う者のことを『サクラ』といった。桜の花見はそもそもタダ見であること、そしてその場限りの盛り上がりを『桜がパッと咲いてサッと散ること』にかけたものだという。
これが明治時代に入ると、露天商や的屋などの売り子とつるんで客の中に入り込み、冷やかしたり、率先して商品を買ったり、わざと高値で買ったりするような仕込み客のことも隠語でサクラと呼ぶようになった。サクラを「偽客」と書くようになったのはこの露天商などが用いた当て字が一般に広まったものである。
今日では、マーケットリサーチや世論調査などにおいても、良好な調査結果をもたらすために主催者側によって動員されたりあらかじめモニターや調査対象者の中に送り込まれた回し者のことを、サクラと呼ぶこともある。

この定義を出会い系のサクラに当てはめてみると、「出会い系運営側に雇われて、運営側に利益をもたらす存在」と言えますね。

簡単にいうと、女性ユーザーのふりをして男性ユーザーにたくさんメールをさせ、ポイントを買わせる役と言えます。

そんなサクラは出会い系にいるんでしょうか

優良出会い系にはサクラはいない

結論から言うと、僕が使っている優良な出会い系アプリ・サイトには出会い系はいません。

その理由を説明していきます。

素人の女の子がたくさんいる

僕はワクワクメール、ハッピーメール、PCMAXを主に使っていますが、どの出会い系もびっくりするくらいの広告費をかけて宣伝しています。

なので素人の女の子はわんさか登録してくるわけです。

男性ユーザーとメールのやり取りをする女性ユーザーがいるのに、わざわざサクラを雇ってメールさせる必要はありません。

ポイント代が安いからサクラを雇うと赤字

優良出会い系は1通のメールが50円です。
サクラを雇ったとしてそのサクラの時給が1,000円だとしたら20通送らせてようやくプラスマイナスゼロになります。

1時間で20通のメールを送るとなると、1通あたり3分で返信しないといけません。

結構ツライですよね笑

それでも時給がめちゃくちゃ高かったらお金に困った人がサクラをやるかもしれませんが、時給を高くすると運営側の利益を圧迫します。
てか赤字になります。

最近ではサクラも逮捕されることが増えています。
時給もそんなに高くなく、逮捕されるリスクがあるのに、サクラなんてやりませんよね。

評判が落ちて利用者がいなくなる

出会い系はもともとの印象がよくありません。
そんな中「あの出会い系はサクラがいて会えない」なんて噂が広まったらアウトです。
出会い系なんてたくさんあるんですから、すぐに利用者が離れていってしまいます。

なので優良な出会い系はサクラを雇わないでも運営できるように、広告費をかけて素人の女の子を集めるんです。

出会い系で被害を受ける人が減らない理由

優良な出会い系はサクラがいないことはわかってもらえたかと思います。

それでも出会い系=犯罪…みたいなイメージがありますが、それはどうしてなのでしょうか。

理由ははっきりしていて、悪徳出会い系業者や援デリ業者、キャッシュバッカーや暇つぶしで利用しているユーザーがいるからです。

一般的にそれらの総称として「サクラ」と認識されていると感じています。

悪徳出会い系業者

優良な出会い系はポイント代も安く良心的で、サクラを雇わなくても女性ユーザーが集まる企業努力をしています。

それとは対照的に、ポイント代を法外な値段に設定し、サクラを雇いメールをさせる悪徳な出会い系業者がいます。

優良な出会い系が1通=50円に対し、悪徳な出会い系は1通=400円ほどです。
サクラをそれなりの給料で雇っても、十分に元が取れます。

さらに最悪なのが、やり取りしている相手はサクラ=架空のキャラなので、絶対に会えません。

ポイント代がクソみたいに高いのにぜんぜん会えない…
こんなことばっかりだったら、出会い系の印象が悪くなるのは当然ですよね。

援デリ業者

援デリ業者は、デリヘルの客を出会い系で探している業者のことです。

わかりやすい特徴があります。
・すぐに会おうと言ってくる。
・待ち合わせ場所を指定してくる
・めちゃくちゃ美人、ナイスバディ

こんなにわかりやすい特徴があるんですけど、出会い系に慣れていない人にとっては、「出会い系ってこんなに簡単に可愛い子とヤレちゃうんだ!ウッヒョー!」となるのは仕方ないことです。

しかし実際に行ってみたら写真とは別人の女性が現れ、サービスも良くないセックスになり、挙句に2万渡さなければいけないという最悪な流れが待っています。

風俗行っておけばよかった!
出会い系なんてクソだ!
となるのは当然ですよね。

キャッシュバッカー

キャッシュバッカーとは出会い系でやり取りする際に発生するポイントが目当ての、コジキのようなユーザーのことです。

ポイントは出会い系アプリ・サイト内でやり取りしないと発生しないので、LINEやカカオの交換には絶対に応じません。
もちろん会う気がもともとないので絶対に会えません。

暇つぶしユーザー

ただのかまってちゃんがこの暇つぶしユーザーです。
特徴として、日記やSNSの更新が活発です。
またプロフィールに「出会わない系です」「ただの暇つぶし」とか書いてあります。

出会い系の世界は女性はちやほやされます。
現実の世界でまったく相手にされていないために、出会い系でちやほやされたいというイタイ人種です。

はやくどっか行け!
という感じです。

もちろん絶対に会えないので、やり取りするだけムダです。

結論:優良出会い系にはサクラはいないが悪者はいる

優良な出会い系には、純粋な意味でのサクラはいません。
ただ出会い系内で出会いの邪魔をする存在は確かにいます。

運営側もアカウントを停止、削除するなど対応はしていますが、いたちごっこの状態です。

少しでも変だな、と感じる相手だったらやり取りするのは控えましょう。

素人の女性はたくさんいるんですから、また別の女性にアプローチすればいいだけです。

この記事を参考に危険を回避して、優良出会い系で素敵な出会いを見つけてください。

→いちばんのオススメはPCMAX(18禁)!

-出会い系一般

Copyright© とにかくヤレてる出会い系体験談 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.